古代文明大研究

歴史系ブロガーです。 小学生の頃からの古代文明が好きです。 古今東西の古代の歴史について調べています。 解き明かされていない謎について迫って行くことに面白みを感じています。(中々人に理解されないですよね~泣) 分かりやすく世界の古代史について情報発信をしていきます。 よろしくお願いします

オリエント メソポタミア都市国家

ジャルモ遺跡から考える新石器時代の農耕の誕生史

人類が文明を誕生させる契機となった狩猟・採集生活から農耕生活への移行。 では、人類はいつどのように農業という技術を獲得し、定住するようになったのでしょうか? イラク北東部で発見されたジャルモ遺跡はその ...

オリエント メソポタミア都市国家

シュメール文化が生まれた土地 ウルクー文字を生んだ古代都市―

今から5000年以上も昔、ユーフラテス河の東河畔に、ウルクという都市が興ります。 ウルクは、メソポタミア南部の文明都市の中でも当時随一の大都会であり、人類最古の文明人、シュメール人の英知の結晶でもあり ...

オリエント メソポタミア都市国家

シュメールの宗教都市、ニップール遺跡の発見と全貌

最高神エンリルを祀る宗教都ニップールは、メソポタミア南部、シュメールとアッカドの境に位置した都市国家です。 かつて「天と地の紐幣」として近隣世界から畏敬の念を集めたこの街を治めることは、すなわちメソポ ...

オリエント メソポタミア都市国家

アッシリアの王都ニネヴェ、壮麗なる城塞都市の興亡の歴史

『旧約聖書』にも登場する古代都市ニネヴェは、残虐な戦法で周辺諸国を躁剛しオリエントを統一した軍事立国アッシリアの王都です。 血にまみれたアッシリア軍の象徴のように「恐怖の街」と呼ばれました。 しかし、 ...

オリエント メソポタミア都市国家

ウルのジグラット 月の神を祀るシュメール文明の神殿都市

かつて、メソポタミアの南、ユーフラテス河畔の緑豊かな大地にシュメールの都として名を馳せた神殿都市、ウルがありました。 その街には、シュメールのどんな都市よりも大きな青いジグラットが建ち 聖域には月神ナ ...

オリエント メソポタミア都市国家

発掘したら殉死した痕跡が!ウルの王墓の世紀の大発見

見事な細工が施された黄金の兜 たくさんの貴石をちりばめた装身具など目を見張るばかりの副葬品 これらの豊富な発見され大きな話題となったウルの王墓。 しかし発見されたのは財宝ばかりではありませんでした 美 ...

オリエント メソポタミア都市国家

ウルナンム王と2代目シュルギ 親子2代で築き上げたシュメールの栄華

世界最古の文明を築いた栄光の民、シュメール人。 ウル第3王朝は、そんな彼ら力漣てた最初にして最後の統一王朝でした その創始者ウルナンム王と2代目シュルギ王の治世は、王朝の隆盛期にして、シュメール文明が ...

オリエント

古代メソポタミアの革命家 サルゴン2世の真実

人類最古の文明が生まれた古代メソポタミアでしたが、統一国家が建設されるのはエジプトよりも遅く、小さな都市国家が覇権を競い合う時代が長くつづいて来ました。 分裂の時代にピリオドを打ち、メソポタミアにはじ ...

オリエント メソポタミア都市国家

ギルガメシュー半神半人の謎に包まれた伝説の王の真実ー

人類史上、初の本格的な文学作品であるメソポタミアの叙事詩『ギルガメシュ叙事詩』 その主人公ギルガメシュは、『シュメール王名表』に名が記された実在の人物であると言われています。 しかしギルガメシュは死後 ...

オリエント

メソポタミアの最古の都市文明シュメールの歴史

チグリス河とユーフラテス河に挟まれたメソポタミア地域 この地には鉱物資源がほとんどない代わりに2つの河によってもたらされた肥沃な土地がありました。 人々はこの地で潅慨を行うと、そこに麦を植え、驚異的な ...

© 2021 古代文明大研究 Powered by AFFINGER5