オリエント メソポタミア都市国家

旧約聖書の「バベルの塔」のモデルはジッグラトだった?

世界最古の灌概文明を築いたシュメール人は、自分たちの街に「ジグラット」と呼ばれる塔を建設する習慣がありました。

メソポタミアの都市に高くそびえていたジグラット。

時代が下るとともにその規模は壮大になっていき、やがてバビロンの都には史上最大規模の大ジグラットが出現します。

「バベルの塔」の伝説のモチーフになったといわれる、この大ジグラッドを復元してみましょう。。

バベルの塔はジクラッドだった?

ピーテル・ブリューゲルの『バベルの塔』/Wikipediaより引用

旧約聖書『創世記』には「バベルの塔」という物語があります。

バベルという街で人々が神の世界へ近づこうとしてある塔を建てますが、

「彼らはひとつの民であり、皆ひとつの言葉を話していることは途轍もなく失礼だ。彼らの言葉を混乱させ、お互いの言葉が聞き分けられないようにしてやる。」

と神が判断し、その塔を破壊し人々を世界各地へと散らばってしまいます。

この物語は天まで届く塔を建てようという傲慢で果てしない人間の欲望。

そして、その行為を人間の非道徳的な行為とみなし神は罰を下します。

しかし、どの話も非現実的な物語であることが分かると思いますが、実はこの神話には実際のモデルがするというのです。

新バビロニアの王国の王都バビロンに建設された「ジクラッド」と呼ばれる多層式の塔がそれにあたります。

バベルの塔伝説…

この話は一体どこまでが事実なのでしょうか?

ウルのジッグラト

ウルのジッグラッド:神殿であるジッグラッドはメソポタミアの各地に存在した/Wikipediaより引用

ジグラットはメソポタミア地方に数多く建てられた、エジプトのピラミッドに似た巨大建造物になります。

ただし、エジプトのピラミッドが王の遺体を納める陵墓としての役割を持っていたのに対し、ジグラットは神殿として祭祀に使われる建造物でした。

ジグラットはシュメール時代のウル第3王朝から建てられるようになったと考えられています。

それ以前は単なる祠にすぎなかった神殿は、この頃から急激に規模が拡大していきました。

なぜジグラットが造られたのかについては正確なことはわかっていませんが、

「メソポタミア地方はしばしば洪水に見舞われる。そのため洪水から大切な神殿を守ろうと、高い台を
築いたのではないか-」

と研究者たちは推測しています。

しかしジグラットの高さは後に述べるようにきわめて高く、洪水を避けるのが主目的とすれば高すぎるとも考えられ、否定的な意見おあります。

なお、別の説もあります。

「シュメール人はもとは山岳地帯に住んでいたため、山頂で神々を礼拝する習慣があった。その後、平原であるメソポタミア地方に移住した彼らは、自分たちの祈りや生贄を焼く煙が天上の神々に届くよう、少しでも高いところに神殿を築こうとしたのではないか-」

つまり少しでも神に近づこうとしたことが建設の理由になります。

このことはバベルの塔伝説にある「人々が神の世界に近づこうと建てた」という塔建設の動機と一致します。

なお、この説を裏づける証拠として、ジグラットにはシュメール語で「高い山」の意味があることも興味深い点です。

バビロンのジッグラッドこそ「バベルの塔」

バビロンにあるジッグラッド「エテメンアンキ」の復元図:これがバベルの塔のモデルとされている/

ジグラットはエリドゥ、ウル、バビロン、マリ、アッシュール、ニネベといったメソポタミア地方の大都市には必ずといって良いほど建てられています。

遺跡や文献から、少なくとも30数カ所にあったことがわかっています。

その中でももっとも有名なものがバビロンのジグラットだった。

バビロンはシュメール人によって紀元前25世紀から紀元前20世紀に建設されていました。

その名はシュメール語で「神々の門」の意味だったといわれます。

その後アッカド王朝、ウル第3王朝、アムル人と、次々と外来の征服者の支配を受けたバビロンは紀元前18世紀にはハンムラビによって建てられたバビロン第1王朝の首都となります。

この街にいつジグラットが建てられたのかは定かではありませんが、おそらくはメソポタミアを統一した王国の首都に相応しい壮大だったでしょう。

以後もバビロンはアッシリア、新アッシリア、メソポタミア統一王朝の首都として発展し、紀元前7世紀になると新バビロニア王国の首都となります。

この頃のバビロンはまさしく世界の中心というべき大都会でした。

周辺諸国の神々を合祀したため、街中には53の神殿、礼拝堂が300余り、その宗教施設が合わせて955もあったといわれます。

人口は推定50万人、街は周囲を二重の城壁に囲まれていました。

新バビロニアの創始者ナボポラッサルは、即位後、この大都市にふさわしい「エテメンアンキ(天地の基礎となる家)」と名づけた大ジグラットの建設に着手します。

エテメンアンキはあまりに巨大だったためにナボポラッサルの代には完成せず、その子ネブカドネザル2世のときにようやく完成します。

このエテメンアンキこそ、バベルの塔のモチーフではないかと考えられているジグラットになります。

なぜならそれは史上最大のジグラットである上に、バベルの発音がバビロンと近いことから

しかし、創世記が語る「混乱(バラル)が誰ってバベルとなった」というのはあまりにこじつけがましいでしょう。

素直に考えれば、バベルとはバビロンのことをあらわしていると受け取るのが妥当でしょう。

バビロンのジッグラッド「エテメンアンキ」の図面/Wikipediaより引用

大ジグラット・エテメンアンキの姿は、ギリシャの歴史家へロドトスが著作『歴史」の中に次のように書き記しています。

「バビロンの中央には頑丈な塔が建てられており、その塔の上に第2の塔、さらにその上に第3の塔という具合に積み重ねられ全8層に及び、頂上の塔には神殿があった。塔の外周には螺旋状の通路が取りつけられていて、各層への移動に使われていた」

エテメンアンキを含むジグラットは底面が正方形の台を基本としたデザインでした。

つまり。台を何層にも積み重ねることで塔が作られたいるのです。

全高90メートルほどで、エジプトの大ピラミッドの半分ほどでしかないが、ほぼ垂直に切り立った側面を持っています。

間近から見上げれば、天に向かって屹立している様子がさぞかし壮観だったのでしょう。

ジグラットの頂上に建てられた神殿には、メソポタミアの古い大神が祀られていました。

天の神アヌ、地の神エンリル、マルドゥクネ3世の父エア、そしてバビロンの神々の一族になります。

だがかくも壮麗にして壮大な大ジグラットも崩壊するときが来ます。

きっかけはペルシア帝国の創始者キュロスが、紀元前539年にバビロンを攻略し、新バビロニア王国を併呑したことです。

それまで王国の首都として繁栄したバビロンも、ペルシア帝国時代になると属州の一都市にすぎなくなってしまい、ジグラットの補修にも以前ほど力が注がれなくなりました。

紀元前482年にバビロニア人の反乱が起きると、戦火の中でエテメンアンキは破壊され、その機能を停止します。

以後、大ジグラットは風雨の前に自然崩壊していきます。

アレクサンドロス大王がペルシア軍を打つ破ってバビロン入城したとき、大ジグラッドのあった場所はすでに瓦礫の山となっていました。

この瓦礫の山を除去するためには、1万人がかりで2ヵ月かかっと言われます。

紀元前331年、ペルシアを征服してバビロンに都を構えたアレクサンドロスは、ジグラッドを再建しようとしたが、この計画はアレクサンドロスの死によって水泡となります。

これ以降、誰ひとりとしてジグラッドの再建に関心を持つ者はいませんでした。

こうして大ジグラッドは遂に地上からその姿を消すことになります。

前後してメソポタミア各地に建てられたジグラッドもおなじ運命を辿ることになります。

伝説のジッグラッド「エテメンアンキ」の終焉

バビロン遺跡/Wikipediaより引用

しかし、バベルの塔伝説には実際のジグラットと合致する点も少なくないようです。

人々が少しでも神の世界に近づこうとしたこと、世界の中心だったその土地が、やがて荒廃し、捨て去られてしまったことなど

ただし、荒廃の原因は神の怒りではなくペルシア帝国による征服でした。

そして世界は聖書の語る諸民族の分裂ではなく、ペルシア帝国、次いでアレクサンドロス帝国の成立と、統合・統一の方向へと向かっていきまいた。

この大帝国の成立が都市国家時代からつづいていた古い祭祀を廃れさせる主因となります。

すなわちジグラットの荒廃こそは、古いメソポタミア中心の時代が終わり、新たな世界帝国の時代が始まったことの象徴的事件だったといえるでしょう。

古代文明大研究

歴史系ブロガーです。 小学生の頃からの古代文明が好きです。 古今東西の古代の歴史について調べています。 解き明かされていない謎について迫って行くことに面白みを感じています。(中々人に理解されないですよね~泣) 分かりやすく世界の古代史について情報発信をしていきます。 よろしくお願いします

-オリエント, メソポタミア都市国家
-, , , , , , , , , ,

© 2021 古代文明大研究 Powered by AFFINGER5