ウルク

シュメールの宗教都市、ニップール遺跡の発見と全貌

最高神エンリルを祀る宗教都ニップールは、メソポタミア南部、シュメールとアッカドの境に位置した都市国家です。 かつて「天と地の紐幣」として近隣世界から畏敬の念を集めたこの街を治めることは、すなわちメソポ ...

ウルナンム王と2代目シュルギ 親子2代で築き上げたシュメールの栄華

世界最古の文明を築いた栄光の民、シュメール人。 ウル第3王朝は、そんな彼ら力漣てた最初にして最後の統一王朝でした その創始者ウルナンム王と2代目シュルギ王の治世は、王朝の隆盛期にして、シュメール文明が ...

ギルガメシュー半神半人の謎に包まれた伝説の王の真実ー

人類史上、初の本格的な文学作品であるメソポタミアの叙事詩『ギルガメシュ叙事詩』 その主人公ギルガメシュは、『シュメール王名表』に名が記された実在の人物であると言われています。 しかしギルガメシュは死後 ...

メソポタミアの最古の都市文明シュメールの歴史

チグリス河とユーフラテス河に挟まれたメソポタミア地域 この地には鉱物資源がほとんどない代わりに2つの河によってもたらされた肥沃な土地がありました。 人々はこの地で潅慨を行うと、そこに麦を植え、驚異的な ...

メソポタミアの王名表、王たちの偉大なる系譜と功績

自らの生きた証を、未来永劫遺したい… そして、自分の功績を世界に広く誇りたい-一国の王たるもの、そう望まない人間の方が歴史上少ないかもしれません。 人類最古の文字、楔形文字を生み出した古代メソポタミア ...

© 2021 古代文明大研究 Powered by AFFINGER5