ウル

シュメールの宗教都市、ニップール遺跡の発見と全貌

最高神エンリルを祀る宗教都ニップールは、メソポタミア南部、シュメールとアッカドの境に位置した都市国家です。 かつて「天と地の紐幣」として近隣世界から畏敬の念を集めたこの街を治めることは、すなわちメソポ ...

ウルのジグラット 月の神を祀るシュメール文明の神殿都市

かつて、メソポタミアの南、ユーフラテス河畔の緑豊かな大地にシュメールの都として名を馳せた神殿都市、ウルがありました。 その街には、シュメールのどんな都市よりも大きな青いジグラットが建ち 聖域には月神ナ ...

発掘したら殉死した痕跡が!ウルの王墓の世紀の大発見

見事な細工が施された黄金の兜 たくさんの貴石をちりばめた装身具など目を見張るばかりの副葬品 これらの豊富な発見され大きな話題となったウルの王墓。 しかし発見されたのは財宝ばかりではありませんでした 美 ...

ウルナンム王と2代目シュルギ 親子2代で築き上げたシュメールの栄華

世界最古の文明を築いた栄光の民、シュメール人。 ウル第3王朝は、そんな彼ら力漣てた最初にして最後の統一王朝でした その創始者ウルナンム王と2代目シュルギ王の治世は、王朝の隆盛期にして、シュメール文明が ...

メソポタミアの最古の都市文明シュメールの歴史

チグリス河とユーフラテス河に挟まれたメソポタミア地域 この地には鉱物資源がほとんどない代わりに2つの河によってもたらされた肥沃な土地がありました。 人々はこの地で潅慨を行うと、そこに麦を植え、驚異的な ...

メソポタミアの覇王ハンムラビの功績と古バビロニア王朝の誕生

「目には目を歯には歯を」の文言で有名な「ハンムラビ法典」 この法典を制定した人物は古代メソポタミアの王であるハンムラビという人物です。 彼はメソポタミアの古バビロニア王国を都市国家から強大な帝国へ繁栄 ...

© 2021 古代文明大研究 Powered by AFFINGER5