シュメール

シュメール文化が生まれた土地 ウルクー文字を生んだ古代都市―

今から5000年以上も昔、ユーフラテス河の東河畔に、ウルクという都市が興ります。 ウルクは、メソポタミア南部の文明都市の中でも当時随一の大都会であり、人類最古の文明人、シュメール人の英知の結晶でもあり ...

シュメールの宗教都市、ニップール遺跡の発見と全貌

最高神エンリルを祀る宗教都ニップールは、メソポタミア南部、シュメールとアッカドの境に位置した都市国家です。 かつて「天と地の紐幣」として近隣世界から畏敬の念を集めたこの街を治めることは、すなわちメソポ ...

発掘したら殉死した痕跡が!ウルの王墓の世紀の大発見

見事な細工が施された黄金の兜 たくさんの貴石をちりばめた装身具など目を見張るばかりの副葬品 これらの豊富な発見され大きな話題となったウルの王墓。 しかし発見されたのは財宝ばかりではありませんでした 美 ...

ウルナンム王と2代目シュルギ 親子2代で築き上げたシュメールの栄華

世界最古の文明を築いた栄光の民、シュメール人。 ウル第3王朝は、そんな彼ら力漣てた最初にして最後の統一王朝でした その創始者ウルナンム王と2代目シュルギ王の治世は、王朝の隆盛期にして、シュメール文明が ...

古代メソポタミアの革命家 サルゴン2世の真実

人類最古の文明が生まれた古代メソポタミアでしたが、統一国家が建設されるのはエジプトよりも遅く、小さな都市国家が覇権を競い合う時代が長くつづいて来ました。 分裂の時代にピリオドを打ち、メソポタミアにはじ ...

ギルガメシュー半神半人の謎に包まれた伝説の王の真実ー

人類史上、初の本格的な文学作品であるメソポタミアの叙事詩『ギルガメシュ叙事詩』 その主人公ギルガメシュは、『シュメール王名表』に名が記された実在の人物であると言われています。 しかしギルガメシュは死後 ...

メソポタミアの王名表、王たちの偉大なる系譜と功績

自らの生きた証を、未来永劫遺したい… そして、自分の功績を世界に広く誇りたい-一国の王たるもの、そう望まない人間の方が歴史上少ないかもしれません。 人類最古の文字、楔形文字を生み出した古代メソポタミア ...

© 2021 古代文明大研究 Powered by AFFINGER5