ハンムラビ

オリエント

メソポタミアの最古の都市文明シュメールの歴史

チグリス河とユーフラテス河に挟まれたメソポタミア地域 この地には鉱物資源がほとんどない代わりに2つの河によってもたらされた肥沃な土地がありました。 人々はこの地で潅慨を行うと、そこに麦を植え、驚異的な ...

エジプト 古王国時代

メソポタミアの王名表、王たちの偉大なる系譜と功績

自らの生きた証を、未来永劫遺したい… そして、自分の功績を世界に広く誇りたい-一国の王たるもの、そう望まない人間の方が歴史上少ないかもしれません。 人類最古の文字、楔形文字を生み出した古代メソポタミア ...

オリエント メソポタミア都市国家

ハンムラビ法典―「目には目を、歯には歯を」で有名な復讐法の真実

紀元前18世紀頃、チグリス川とユーフラテス川に挟まれたメソポタミアでは多くの国家が乱立し、その覇権を争っていました。 そんな戦乱の時代の中 強国を次々と打ち破り、メソポタミアを統一した国がありました。 ...

オリエント メソポタミア都市国家

旧約聖書の「バベルの塔」のモデルはジッグラトだった?

世界最古の灌概文明を築いたシュメール人は、自分たちの街に「ジグラット」と呼ばれる塔を建設する習慣がありました。 メソポタミアの都市に高くそびえていたジグラット。 時代が下るとともにその規模は壮大になっ ...

オリエント メソポタミア都市国家

メソポタミアの覇王ハンムラビの功績と古バビロニア王朝の誕生

「目には目を歯には歯を」の文言で有名な「ハンムラビ法典」 この法典を制定した人物は古代メソポタミアの王であるハンムラビという人物です。 彼はメソポタミアの古バビロニア王国を都市国家から強大な帝国へ繁栄 ...

オリエント メソポタミア都市国家

メソポタミア文明誕生の歴史と都市国家の興亡

メソポタミアとは、ギリシャ語で「川の間」という意味が含まれたこの文明は、チグリスとユーフラテス川の間で誕生し、繁栄を極めます。 川の流域では、各地で都市国家が出現し、興亡を繰り返しながら勢力を拡大して ...

© 2021 古代文明大研究 Powered by AFFINGER5