バベルの塔

メソポタミアの王都バビロンの興亡の歴史と都市の全貌

バビロンとはアッカド語で「神々の門」を意味します。 言葉に由来するこの都市はその名の通り集う場所として、メソポタミア世界の中心となりました。 新バビロニア、ネブカドネザル2世の時代にはバベルの塔のモデ ...

旧約聖書の「バベルの塔」のモデルはジッグラトだった?

世界最古の灌概文明を築いたシュメール人は、自分たちの街に「ジグラット」と呼ばれる塔を建設する習慣がありました。 メソポタミアの都市に高くそびえていたジグラット。 時代が下るとともにその規模は壮大になっ ...

新バビロニアの王ネブカドネザル2世は本当に暴君だったのか?

紀元前7世紀、メソポタミア地方では数々の都市国家が築かれましたが… その中で最も繁栄のしたのが新バビロニア王国でしょう。 新バビロニアの王であったネブカドネザル2世がその首都バビロンに空中庭園やバベル ...

© 2021 古代文明大研究 Powered by AFFINGER5