ヘロドトス

エジプト オリエント メソポタミア都市国家

メディア王国の歴史―古代ペルシャより先に存在した古代イランの大国―

多くの民族が交錯したオリエントの古代王国は、大帝国を築いたペルシア人の征服活動によって、次々と飲み込まれていきました。 イラン高原にあったメディア王国もそのひとつです。 しかし、紀元前6世紀にペルシア ...

オリエント メソポタミア都市国家

メソポタミアの王都バビロンの興亡の歴史と都市の全貌

バビロンとはアッカド語で「神々の門」を意味します。 言葉に由来するこの都市はその名の通り集う場所として、メソポタミア世界の中心となりました。 新バビロニア、ネブカドネザル2世の時代にはバベルの塔のモデ ...

オリエント メソポタミア都市国家

旧約聖書の「バベルの塔」のモデルはジッグラトだった?

世界最古の灌概文明を築いたシュメール人は、自分たちの街に「ジグラット」と呼ばれる塔を建設する習慣がありました。 メソポタミアの都市に高くそびえていたジグラット。 時代が下るとともにその規模は壮大になっ ...

エジプト 古王国時代

古代エジプトのピラミッド建設は失業対策?-公共事業説をまとめてみた-

かつてはピラミッド奴隷を酷使して造られた王墓と思われていました。 しかし現在では、そのピラミッド建設が公共事業だったという見解が発表されます。 それはピラミッドそのものに意味があるのではなく… ピラミ ...

エジプト 古王国時代

いつギザの大スフィンクは造られた?なぜピラミッドのそばに?謎を徹底追及!

エジプトを代表する建造物のひとつであるギザの大スフィンクス 体が動物で頭が人というユニークなこの巨像は、カフラー王にピラミッドの付属している建築物と考えられていましたが… 実はこの説は多くの疑問があげ ...

エジプト 古王国時代

死者の書は「死者復活」の呪文?「葬祭文書」の成り立ちとは?

古代エジプト人は、人は死んだ後も、魂は永遠に生き続けると信じられていました。 しかしそのため、死者は一度冥界の暗闇を旅をしなければなりませんでした。 この冥界への旅は危険も伴うことになりますが、幸福な ...

© 2021 古代文明大研究 Powered by AFFINGER5